これ一枚でかなり使える!ファミマTカードの機能紹介

ファミリーマートで会計時にTSUTAYAのTカードを提示するとTポイントを貰えることをご存じの方も多いと思いますが。

ファミリーマート専用のTカード、ファミマTカードを利用すると、より効率よくポイントを溜められ、さらにさまざまな特典を受けることができます。

そこで今回はファミマTカードについて詳しくご説明します。

 

どんな種類があるの?

th_7aea012fbc06a941_woman-at-work.xxxlarge

ファミマTカードは元々ファミリーマート専用のカード「ファミマカード」をリニューアルしたもの。種類はクレジット付きカードと18歳未満の子供が入会できるクレジットのないポイントカードの2種類になります。

      Sponsored Link

ファミマTカードには特典が盛りだくさん

th_tcard_2

そして注目の特典は大きく分けて「ポイント2倍」、「若者応援ポイント」、「レディースデイ」、「今オトク」の4つになります。「ポイント2倍」というのは毎週火曜日と土曜日が「ファミマTカードの日」とされており、ショッピングポイントが2倍になるということです。

これはかつてクレジット機能なしのポイントカードも適用されていましたが、2014年7月からはクレジットカードのみになったので注意が必要です。「若者応援ポイント」は25歳以下のクレジット機能付きTカードの会員は、クレジットポイントが2倍になるというもの。

「レディースデイ」は女性の会員でお客様情報登録済みの方はクレジット付きの有無にかかわらずポイントが2倍になるというもの。そして最後の「今オトク」は期間ごとに対象商品のポイント値引き額が通常のTカードによる値引きよりも大きくなるというものです。

クレジット機能はリボ払いのため返済に注意が必要ですが、頻繁に使うファミマユーザーなら検討する価値がありそうです。

      Sponsored Link

さらに便利な追加機能も

th_108668281_624

またポイント関係の特典以外に追加機能や追加カードがいくつもあります。まずひとつはご存知TSUTAYAレンタルサービスの機能。

クレジット機能付きカードの会員はこれに加えて、NTTドコモユーザー用のおサイフ携帯機能「ファミマTカードiD」や、高速道路のノンストップ自動料金収受システム「ETCカード」を利用することができます。

またJR東日本のモバイルSuicaやJR西日本のSMART ICOCA、札幌市営地下鉄SAPICAなどの「IC乗車カード」にも対応しています。これはつまりTカードを持っていればいちいち駅の改札でチャージしなくてもクレジット払い感覚で電車やバスに乗れるというもの。

1分1秒すら惜しむビジネスマンにはうってつけと言えそうです。ファミリーマートは近年都市部に急速に出店していますが、ファミマTカードと合わせて利用すれば都市生活がより便利になりそうです。

      Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ