まるで植物工場!サブウェイの新感覚「野菜ラボ」が凄かった…

th_スクリーンショット 2017-07-22 21.03.35

野菜が豊富なサンドイッチを提供しているサブウェイですが、近年野菜の高騰などによって経営状態が悪化したケースもありました。

そんな状況でも野菜へのこだわりは変わらず。野菜ラボという小さな植物工場を構えるサブウェイの店舗も各地にあります。

野菜ラボとは一体、どのようなものなのか?

実際に野菜ラボを運営する店舗をチェックしながら見ていきますが、非常に面白い空間になっています。

       Sponsored Link

工場と店舗が一体化したサブウェイの「野菜ラボ」!

th_スクリーンショット 2017-07-22 21.04.35

大阪にあるサブウェイの店舗が「野菜ラボ」として営業を行っています。

入るとまるで小さな植物工場のような状態になっていました。

野菜好きの方やサブウェイが好きという方は一度行ってみるといいでしょう。

 

野菜ラボでは食材を観察しながら注文できる!

th_スクリーンショット 2017-07-22 21.07.47

そんな野菜ラボの店内を見ると、新鮮な状態で保管されている野菜を確認することができます。

生産から消費までを店舗内で一貫して行うシステムを採用しており、高額なコストやエネルギーをかけての輸送もありません。

店内ではレタスはもちろん、わさび醤油で利用するわさび菜などを育てています。

そんな状況を観察できるショーケースも配置されており、見学を楽しみながらオーダーできます。

       Sponsored Link

野菜ラボの店舗構造はどうなってる?

th_スクリーンショット 2017-07-22 21.06.14

ショーケースの中で栽培される野菜を見ると、フリルアイスといわれるレタスが栽培されています。

このレタスは葉の先が巻き込まれていない無農薬状態のレタスですので、食べた時に自然な味わいが感じられます。

そしてショーケース内の温度も野菜が育つための適切な環境に整えられています。

温度は常に25度、そして湿度は45パーセントに設定されているのです。

いかがでしたか。野菜を意識的に提供するサブウェイだからこそできる野菜ラボですが、レタス以外にもショーケースではトマトやセロリなども見ることができます。

また、栽培された青いトマトなどを見れば子どもたちの勉強にも役立ちますので一石二鳥でしょう。

ぜひ家族みんなでサブウェイに行ってみましょう!

       Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ