日本語は不要!モスバーガーがwifiを整備する真の目的とは?

今ではフリースポットと呼ばれるネット環境が整備されてきて、わざわざ有料の回線をひかなくても、ホテルや外食店舗などに入ると無料でネットにつなぐことができるようになりました。モスバーガーでもスマートフォンなどを対象にwifiが整備されています。

 今や当たり前になったwifi。人類の進歩ってすごいです!

th_640x640_rect_25850656

時代の流れからか、よくノマドワーカーを見かけるようになりました。

th_e60cfbbc

      Sponsored Link

そもそもwifiとは

インターネットに接続すると、携帯電話で使用している電波の通信速度よりも格段に早くなります。以前はインターネットに接続するには有料で回線契約をしなければならず、無線対応の有料回線を使っていました。

ところがスマートフォンが激増したことから、通信速度を軽くする目的もあって無料でwifiと呼ばれる無線機(ルーター)を設置することになり、特に公共性の高いところでは、事業者が申し込むと利用者が無料で使用することができるようになったのです。

スマホを「見せるだけ」なんて、、便利すぎます。

th_mos-2

 

なぜモスバーガーにwifiが必要なのか

以前は食事中でも仲間や家族と会話をしながら楽しんでいましたが、最近では同伴者がいてもお互いが自分の携帯画面を眺めていたり、ゲームに没頭している場面を見ることが多くなりました。

      Sponsored Link

事の善し悪しは別にして、時代の流れに対応したのがこのフリースポットの設置なのです。もちろんモスバーガーとしての二次的な使用法としては、wifiを通してお得なクーポンの配布やキッズの写真認定証なども店内で処理するために、スムーズにアクセスできるようにしています。

th_btn_apri

 

使えるwifiは?

スマートフォンの圧倒的シェアを持つSoftbank、国内最大手のNTT DoCoMo、首都圏以外ではシェア率が高いauとそれぞれの携帯キャリアに対応しています。
それぞれの携帯キャリアは自社製品にのみ対応していますので、今のところ他社のキャリアは使用できませんが、たぶん東京オリンピックまでには日本語が読めなくても使えるオールフリーになると思います。

そうするとモスバーガーのカウンターで、ネットを通じてアプリで購入することができるため、会話が成立しなくても不自由なく購入し、利用することができるようになるはずです。

このような設備はモスバーガーに限った事ではなく、宗教上の理由やポリシーなどで限定された食材を希望するひとが多い外国人に対応するためには、オールフリースポットの整備は必須条件となるはずです。

      Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ