ローソンの人気おでん!美味しさの秘密はココにあった

近年コンビニ各社で競争が激化しているのがおでんです。それはローソンも例外ではなく、素材の品質・つゆへのこだわり、低価格での提供などさまざまな工夫を凝らしています。今回はその取り組みを紹介したいと思います。

th_Unknown

th_BIG2_0111

 

こだわりの厳選素材

まず追求しているのが素材の品質ローソンファームで栽培、加工を一元管理したダイコンやジャガイモ。

有機栽培のこんにゃく芋を使ったしらたき、特製のヨード卵「光」を使った玉子など、一つ一つの素材を厳選して利用者に届けています。

おでんのつゆ【秘密製法】

th_118

th_020611_block01_02

th_0410

th_IMG_5127

th_img58558584

 

おでんの隠れ主役のつゆ

またつゆの美味しさも重要です。つゆのダシは静岡県焼津産の鰹荒本節(かつおあらほんぶし)から香りとうま味の両方を引き出すために、2種類の削り方をしています。

香りを引き出すのが「深燻し(ふかいぶし)製法」、うま味を引き出すのが「炙り製法」と言います。

      Sponsored Link

「ローソンファームダイコン」

th_140620_oden_daikon_image

「ローソンファームジャガイモ」

th_oden20131015_poteto

「ヨード卵・光 玉子」

th_140620_oden_tamago

「有機こんにゃく粉のしらたき」

th_140620_oden_shirataki

「炭火焼きつくね串」

th_140620_oden_tsukune_image

「ハモ入りちくわ」

th_140620_oden_yakichikuwa_image

「さつま揚げ」

th_666ffbbdc823e54e4174cdaf601ff00e

「とろとろ湯葉だんご」

th_yubadango

「ふわふわ豆腐の鶏だんご」

th_640x640_rect_31898695

 

リニューアルされた最新のローソンおでん

さて、それでは2014年の8月に新開発・リニューアルされた最新のおでんの品を見てみましょう。

新たに加えられたラインナップは9種類で、上で紹介した「ローソンファームダイコン」「ローソンファームジャガイモ」「ヨード卵・光 玉子」「有機こんにゃく粉のしらたき」

それに加えて「炭火焼きつくね串」「ハモ入りちくわ」「さつま揚げ」「とろとろ湯葉だんご」「ふわふわ豆腐の鶏だんご」となっています。

      Sponsored Link

「炭火焼きつくね串」は鶏のもも肉とムネ肉、ニンニク、ショウガを混ぜ合わせたつくねを使っていますが、ローソンならではのひと手間を掛けることで、やわらかく食べやすい一品に仕上がっています。

「ハモ入りちくわ」は高級魚として定評のあるハモのすり身を使ったちくわで、豊かな風味と歯切れのいい食感になっています。

「さつま揚げ」はスケトウダラ、グチのすり身、アジの落とし身という贅沢な素材を使った注目の品です。

美味さの秘訣は「だしパック」!

th_P2260647

th_IMG_9731s

 

お店の裏側にもリニューアルされたものが

そしてもう一つリニューアルしたのが「つゆ」です。

今まではカレーのルーのようにビニールのパックに直接おでんのつゆが入れられていましたが、今シーズンからはティーバッグのようなだしパックを使うことで、よりダシがしみるように工夫されています。

こうした素材や味付けだけでなく、材料の栽培方法からおでん・つゆの製法までこだわっていることが、ローソンおでんの美味さの秘訣といえます。

      Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ