ピーチ味だけじゃなかった!ローソンのご当地からあげクンが大集合

ローソンでは街の健康ステーションとして様々な食品が売られていますが、その代表といえば「からあげクン」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、もはや国民食と言ってもいいからあげクンについて詳しく追求しました。

からあげクン誕生のきっかけは・・・かりあげクンだった!

th_2794684i

 

からあげクンの歴史

からあげクンがローソンで発売されたのは1986年、「いつでもどこでもスナック感覚で食べられる鶏肉の唐揚げ」というコンセプトのもとに生まれたそうです。

ちなみに名前の由来は当時はやっていた漫画「かりあげクン」のもじりになっています。国産の鶏のムネ肉を使い続け、値段はこの30年でほとんど変わらず216円で売られています。

味は現在「レギュラー」、「レッド」、「北海道チーズ」の3種類で、それに加えて季節や地域によってさまざまな味がローソンならではの限定商品として発売されています。

季節、地域限定商品以外にもスパイダーマンやNARUTO、ONE PIECEなどアニメや映画、漫画の人気キャラクターとのコラボレーションがたびたび行われています。

レギュラー

th_20110514_2036040

レッド

th_75b5d4cf

北海道チーズ

th_c89bce9390da19df0d56ec0faec182d15331e81d.93.2.9.2

 

からあげクン不動の定番商品は…

それではローソンのからあげクンの定番商品の説明をしましょう。「レギュラー」は言わずと知れたこのシリーズを代表する味。優しいあじわいが特徴の沖縄の塩シママースを使用しています。

「レッド」は「辛い中にも味がある」をテーマにレギュラーよりひと足遅い1988年に発売されました。※レッドペッパー、ブラックペッパー、クミンなど11種類もの香辛料※を使い、食べる人の食欲を刺激します。

「北海道チーズ」は北海道産のナチュラルチーズ(おおむねチェダーチーズ7割、ゴーダチーズ3割の割合で入っています)を使用したプロセスチーズを鶏肉にトッピングし、濃厚でクリーミーな味になっています。

      Sponsored Link

ほたてバター醤油味 

th_5958

タルタルソース味

th_f16da5c79ac3a9a8cc88816e952198fb

シークワーサー味

th_201094_615

 

全国で展開されているご当地からあげクン

上述の地域限定バージョンですが、近年は「からあげクンの冒険」と題して日本全国の味とのコラボレーションが行われており、その土地でしか味わえない商品が数多く生まれています。

たとえば北海道では「ほたてバター醤油味」、宮崎では「タルタルソース味」、沖縄では「シークワーサー味」など地方ならではの商品が地元の方々に親しまれています。

 

まだまだあった!地域限定バージョン

ピーチ味

th_20130906karaage3

はっさく味

th_p8

甘夏味

th_001-b0eb8

たこ焼き味

th_201309091144523de

もんじゃ味

th_k-kunmonja1

      Sponsored Link

幻の手羽先味

th_140409karaagekun01

親子丼味

th_180896_615

ピザポテト味

th_4af8c786610d4_1

中津しおダレ味

th_DSC_00136566

醤油らーめん味

th_20141118125858

お好み焼き味

th_20131215081529

焼きとうもろこし味

th_karaagenew1

ゆず明太子味

th_20140321_618988

にんにくラー油味

th_77875_400

紀州南高梅 味

th_2011-08-31-051822

かぼす胡椒 味

th_04_ohita_kabosu

トリプルペッパー(ペッパー3種類)

th_2012-05-28-165207

瀬戸内塩レモン味

th_newkaraagekun20131

辛さ2倍バージョン

th_o0400044001180-400x440

仙台味噌味

th_gn-20110922-05

醤油せんべい味

th_c2557_249_2012-07-10-135051

北海道ザンギ(醤油味)

th_karaagekunzangi

これらのコラボができるのも、ローソンが日本全国47都道府県に出店していることが大きいでしょう。
こうして確固たるブランドを築いた後も、ファンを飽きさせない取り組みをしつづけているのがからあげクンの人気の秘密かもしれません。

      Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ