吉野家の新メニュー!アタマの大盛を食べる人が増えているワケとは?

th_2009.1.31

普段あまり吉野家に行かない方が久々に訪れてみると「あれ、牛丼のメニューひとつ増えてる?」ということに気づかれるかと思います。

それまでの「並盛・大盛・特盛」のメニューに加えて登場した、「アタマの大盛」を今回は紹介したいと思います。

      Sponsored Link

アタマの大盛りって何?牛丼のメニュー?

th_photo_2014030304

「アタマの大盛」は吉野家で2013年10月から販売が開始された新メニューです。価格は480円で、通常の並盛に100円プラスして「ご飯の量は並盛と同じ、具の量が大盛と同じ」というものになっています。

それまで吉野家の常連客が「牛丼大盛、ご飯少なめで」と頼んでいたものを、大々的に新メニューとして販売することになったというのが誕生の経緯です裏メニュー的な存在であったものが表に出てきたということになりますね。

 

吉野家が好きすぎて、CMキャラクターまで務めた声優って!?

th_news_large_yoshinoya_taketatsu_02

「アタマの大盛」の発売時には声優の竹達彩奈さんをキャラクターとして起用し、店内ポスターやCMなどでPR活動を行っていたこともあり、認知度はある程度高いかと思われます。CMキャラクターの竹達彩奈さん自身も、注文の際に「牛丼大盛、ご飯少なめ、つゆだくで」が長年合言葉になっていたほどの吉野家フリークであるそうで、CM撮影もノリノリで行っていたようです。

そんなPR活動の効果もあってか、「アタマの大盛」は発売開始から1年も経たない2014年6月には販売数累計1000万食を突破し、すっかり定番メニューのひとつとなりました。

      Sponsored Link

ヘルシー思考だけど、肉はガッツリ!それが吉野家のアタマ

th_スクリーンショット 2015-02-02 19.00.36

実際のところ、「アタマの大盛」を頼むメリットとしてはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、並盛よりも具の量が約1.2倍になっているので「並盛を食べていていつもご飯より先に具がなくなってしまう」「つゆの染みたご飯をメインで食べに来ているわけではない」とお思いの方は、最後まで具とご飯を一緒に食べきることが出来ますから、満足感が向上することうけあいです。

また、ご飯が通常の大盛よりも少なめになっていることもあり、カロリーがその分抑えられていることもポイントです。通常の大盛が929キロカロリーであるのに対し、「アタマの大盛」は752キロカロリーと、大体ご飯茶碗半分ほどカロリーが抑えられています。

「日々の食事でカロリーは気になるけれど今日はガッツリ食べたい!」なんて方には、特にオススメの一品ではないでしょうか。

最後まで具とご飯を一緒に楽しめる上にカロリーも抑えられる吉野家の新定番、まだ食べたことのない方はぜひ一度食べてみてはいかがでしょうか。

      Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ