秘密※ロッテリアの食べ放題をお得に、そして有利に参加する方法

ロッテリアのカウンターに並ぶと、なぜかワクワクすることって無いでしょうか。

カウンタースタッフに「どれが美味しい?」とか「ボリュウムあるのはどれ?」なんて聞けたら最高ですが、今回はそんな心配さえいらないロッテリアの食べ放題についてのご紹介です。

 

ロッテリアのフライポテトを食べつくせ!

th_P1900345

ロッテリアは言わずと知れたメガ盛りファンの聖地ですが、タワーバーガーのような代表的なボリュウムのあるメニューだけではなく、ファーストフード業界では禁じ手みたいな食べ放題もやっています。

参加方法はとっても簡単で、注文するときにはポテトMかセットメニューを選べば自動的にスタートします。ただし約束事がありますので、ルールを守って参加するようにしましょう。

基本的には楽しむことをメインにするくらい余裕をもって参加したいものです。

      Sponsored Link

挑戦権はフライポテトMかMセットを注文すること

th_potprint

ロッテリアの食べ放題は期間限定のイベントなので、年中やっているわけではありません。しかも食べ放題できるメニューはフレンチフライポテトのみです。

誰もが大好き!って言うフライポテトですから、お腹いっぱい食べられるのは幸せかもしれません。

ちなみに単品価格ではフライポテトのSサイズが150円、Mサイズが270円、Lサイズが300円ですが、食べ放題は270円払えば参加できます。

もちろんMセットを注文しても参加できますので、最後まで食べつくすつもりで頑張ってみたいものです。

      Sponsored Link

たくさん食べるポイントはルールを守ること

th_8aef182c78a380591ca449267817bdba8ea36eb3

ただしMセットで参加した場合には、ハンバーガーとポテトを完食したところで追加のポテトを注文することができます。つまり、一度は全部食べないと追加することができないわけです。

このとき専用のポテトケースをカウンターに持参しなくてはいけないので、捨ててしまわないように気を付けてください。

他にも気を付けなければいけないのは、食べ放題中におかわりしたポテトを同席の友達にあげちゃうと、それ以降の追加オーダーは出来なくなってしまいます。

もちろん持ち帰り用に別にストックするのはペナルティです。上手に食べるコツは制限時間を意識することです。

ロッテリアのレシートには時間が打刻されていて、そこから60分間が勝負です。ラスト5分前には最後の追加オーダーができるようにしておくと、あとは60分間以降もゆっくり食べることができます。

      Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ