ここはドコ!?韓国のケンタッキーメニューがとにかく凄い・・・

     
           

th_201204130711164fc

ところ変われば品かわる。

日本のケンタッキーが世界のスタンダードだと思っちゃいけないということで、そんなことを実感するために韓国のKFCをご紹介します。

      Sponsored Link

ケンタッキーといえばカーネル・サンダース。でも韓国は?

th_kfc-kr3

ケンタッキーに対するイメージとして、カーネルおじさんへの好感もそれなりに占めているのが日本です。

一方、韓国ではカーネルおじさんが苦労してアメリカンドリームをつかみ取った話には興味は無く、自分に恩恵もないのですから当然感動することもありません。
      
ですから、例の白タキシード姿で店舗前に立つカーネルおじさんはあまり見かけず、たまに立っていてもメガネをつけていません

つまり、カーネルおじさんが広告塔にはならないということで、逆にプライスダウンやボリューム感が重要になってきます。

これが、日本とは少し違ったメニューになっている理由とも言えます。

      Sponsored Link

韓国のケンタッキー。実はファミレス風だった!

th_L_201203141204450284

日本人が初めて韓国のケンタッキーに行くと100%驚くはずで、バーガーショップかファミリーレストランのような感じがすると思います。

良いのか悪いのかは別として、日本発のカレーライスまでメニューに並んでいるし、ピラフだってあるのだから鶏専門店の感じは受けないと思います。
      
「いいな!」って思えるのはバーガー関連商品がものすごく豊富で、ある意味世界のマックの品揃えを抜いているかもしれません。

バンズの具材には、普段KFCでは見慣れないけどバーガーショップでよく見る、あのオレンジ色の厚いチーズが挟まっています。

 

チキンは輸入品。でもツイスターメニューが豊富!

th_traceability_title_img-1

日本のケンタッキーは国産若鶏の柔らかい肉を使用していますが、韓国は輸入品の肉なので柔らかさは不明です。

味付けはKFCらしくないものもありますが、日本だって「和風」のメニューがあるのですから当然あってもおかしくはありません。

たぶん「ゆず…」とか「月見…」とかも外国人からすると、ナンジャコリャの世界なのでしょうから、ヤンニョムチキンがあっても不思議じゃありません。

日本でも焼肉屋さんで馴染みがあるので売れるかもしれません。

売れそうと言えばもうひとつ!ツイスターのメニューが豊富で、焼肉を巻く野菜のようにトルティーヤが使われ、日本よりも数段美味しそうに見えます

お隣の国を見て日本もすこしバリエーションを増やしてくれるといいかもしれません。

       Sponsored Link

他にこんな記事も読まれています

           
                 
サブコンテンツ

このページの先頭へ