【閲覧注意】え、マジで?松屋のメニューはこんなに高カロリーだった

     
           

もはや現代の病とも言える「生活習慣病」。

その予防やダイエットの観点から見て「ファストフードはあまり食べたくない、カロリーを抑えたい」というのが本音の方も多いと思います。

なので、松屋をはじめとした牛丼大手3社を目の敵のように思う方もいるかもしれませんね。

では実際、松屋のメニューはどのくらいカロリーがあるのか調べてみました!

       Sponsored Link

松屋の定番!「丼系」のカロリーは?

「松屋」は公式ホームページで全メニューのカロリーを公に表示しています。

という訳で、今回はここから抜粋して紹介していきます。

まず定番の牛めしですが、並盛が735kcalなのに始まり、大盛が960kcal、特盛が1,315kcalと続きます。

なお、プレミアム牛めしもほとんど上記と同じ数値でした

成人男性の1日摂取カロリーが約2,000kcalですから、特盛は1食でその65%にも相当します。

他の牛めしや丼ものも軒並み高めですが、中でも旨辛ネギたま牛めしの特盛は1,445kcalと特に高い値を示しています。

 

カレーや定食メニューのカロリーも軒並み高い

カレーや定食についても調べてみました。

まずオリジナルカレーですが、並盛が661kcal、大盛が858kcalとなっています。

また、牛めしとカレーが同時に楽しめるオリジナルカレギュウは並盛が832kcal、大盛が984kcalとなっています。

やはりカレー関係の値は高く、ダイエットの敵であると言えますね。

定食に目を向けるとどれも1,000kcalに近い値が並び、W定食はまさかの1,500kcal超えもあります。

中でもチキンガーリック定食はW定食で1,578kcalを叩きだし、定食系で最も高い値になっています。

やはりダイエット中は美味しい定食も控えなければいけないようですね。

 

松屋には低カロリーなメニューがない?

こうしてみると、やはり松屋の商品はダイエットの味方にはなってくれないことが伺えますね。

そして、残念なことに松屋は低カロリーに特化したメニューを置いていないのです。

もはやダイエット中には行けないのかと思ってしまいますが、一応策はあります。

まず1つがうどんです。

これは1部店舗のみでのメニューになりますが、カレーうどんやきつねうどんなど王道的なものから、カルボナーラうどん(写真)と言った変わり種が楽しめる店舗も増えてきています。

うどんは牛めしよりもヘルシーで大体400〜500kcal台に収まりますので、どうしてもという時には注文してみましょう。

もう1つはミニ牛めしです。

これは普通の牛めしのミニ盛メニューであり、どれも大体500kcal前後になります。

値段も全商品並盛の50円引きと、お財布にも優しいですね。

カロリーは気になるけどどうしても松屋に行きたい…そんな方はぜひこれらを注文してみましょう。

       Sponsored Link

他にこんな記事も読まれています

           
                 
サブコンテンツ

このページの先頭へ